調査員

 
探偵(調査員)

当社の調査員は、技能向上のため独自に訓練されております。
調査全体の組み立てから、尾行技術や証拠蒐集能力・調査機材の使い方や構造まであらゆる技術を訓練習得しております。

また同じ調査員でも、浮気調査など行動調査の調査員と、結婚調査など取材を中心とした調査の調査員とでは、その専門性の違いから習得する技術はまったくと言っていいほど違います。
研修項目は12項目に及び、専門性の高い調査員を育成しております。

その結果、こ業界ではトップクラスの高い水準を保ち続けていると思います。

上の画像は一般社団法人日本調査業協会主催の(第一回探偵業務取扱者認定試験6名合格 第二回探偵業取扱主任者認定試験5名合格)の認定証です。
この合格者数は共に全国ナンバーワンです。
もちろん、これだけで調査員の優秀性を図ることはできません。
あいざわ調査室の調査員の優秀さを、他社と比較してもらうことは難しく、それを証明することはなかなか困難です。それでも他社のホーページにはない独自の研修会の様子などをご紹介しております、どうぞご一読ください。

実際に自社で、調査員を訓練している会社は少なく、広告などで会社の規模を自慢しているある探偵社が、調査員に派遣社員を使っている実態があります。
その会社の調査能力≒調査機器+調査員の能力です。報告書には大きな差が出ます。探偵、興信所の調査員に特権などありません。
現場では、しばしば過酷な状況に追い込まれます。

例えば、病院のビルの屋上から、対象者の自宅を監視していた調査員が、夕方になって屋上のドアが閉められ、鍵がかけられてしまいました。
幸い調査員には、ピッキングの技術があったため、ドアの鍵を開け、また閉めて対象者を尾行し、調査を遂行することができました。
このことからもわかるように、調査員の技術しだいで、調査は大きく変わってしまい、その負担はご依頼者にのしかかってきます。

車やバイクの運転技術は勿論のこと、暗視カメラや赤外線投光機など多数の調査機器類の使用方法や経験と新しい技術を持ち合わせた優秀な調査員を必要とします。
調査会社にとって調査員の技術向上は、もっとも重要視すべきものです。

当探偵社『あいざわ調査室』では、新しい技術を積極的に取り入れること、他に無い調査技術の開発、更には当社独自の調査技術研修会、他社との合同研修会など、怠りの無い徹底した教育を行い、調査技能向上に努めております。

当探偵事務所では、月に一回以上の調査技術研修を行っております。

研修日時を決めたら調査員は事務所に集まりますが

調査現場などの都合により出席できない調査員もいます。
研修前の雑談では、調査中のルールを作りたいとか、調査機材が使いにくいので改善したいとかそんな話で盛り上がる時があります。

研修日に参加できなかった調査員は個別に研修を行います。初任者研修も個別に行います

外部から講師を呼んだり、他社と合同で行うこともあります。教育研修は調査技術だけではなく、個人情報保護や探偵業法なども学びます。

遠隔操作カメラの基本操作の練習です。カメラを事務所の外に設置、事務所出入り口から人を出して歩かせ、モニターを見ながら対象者を追従します。このカメラは通常、無人の調査車両の中や車両裏側に取付けて操作します。
 
この研修では事務所の外にカメラを持ち出し、事務所の中で遠隔操作しています。このカメラ雲台は販売されているものではありません。ラジコンの送信機とサーボを利用して、当社が制作したものです。操作は簡単ですが、送信機のスティックの動きに対してカメラがリニアに動くよう設定しないと使いづらくなります。リニアに動くと操作しやすく気持ちいいです。
対象者はカメラに対してわざと意地悪な動きをしています。一度見失うと探すのは大変です。調査員はこんなことも大真面目にやっています。

カメラの映像です。対象者の追従は下手ですが、最初は誰でもこんなものです。

上記のような当社独自の教育・技術研修を一定期間受けた者に対してIDカードを発行しており、
このIDカードを所持する者が当社の調査員として調査業務を遂行します。

当探偵社「あいざわ調査室」の全調査員はIDカードを携帯しております。

★調査料金や調査方法モット知りたい・・・こちら
★教育研修会のことをモット知りたい・・・こちら

 
Copyright (C) 2008 総合探偵社 あいざわ調査室 佐賀All Rights Reserved.
佐賀県佐賀市大財3-5-16益本ビル1F
 
 あいざわ調査室 熊本
熊本県熊本市新屋敷3丁目12番16号 法務ビル202号
 
探偵九州   佐賀   長崎   熊本   福岡   北九州
唐津   鳥栖   佐賀市  佐世保  久留米